*いしのなかにいる*

oops ! I am in rock !

たったの3ステップでローカルWordPress環境が構築できる Local by Flywheel が便利すぎる

f:id:malor:20170928045328j:plain

Webサイトを構築するときにWordPressを利用している人は多いと思います。

でも少しデザインを変えたいとか、新しいテーマを試してみたい、という場合に運用しているサイトを直接いじるのは勇気がいりますよね。

そんな時は自由に試せるWordPress環境を作ってしまいましょう。
新しいプラグインを試すのも、サイトをカスタマイズするのも全然平気!誰にも迷惑をかけません。

ただ、わざわざちょっとしたカスタマイズを試すために1つサイトを作るのは面倒なんですよね。

なので簡単に自分のPC上に WordPress 環境を作成できる Local by Flywheel を試してみました。

このアプリ、サイト構築の手間を全部すっ飛ばしてわずか3ステップで環境構築ができてしまう優れものです。

実際に使ってみたところあまりに簡単にサイトを構築できてしまったので、インストールからセットアップまでの手順をご紹介します。

ダウンロード〜アプリ登録

まず手始めにFlywheelをアプリを登録します。 以下のサイトからダウンロードできます。

local.getflywheel.com

ダウンロード

サイト右上の DOWNLOAD ボタンからダウンロードします。

f:id:malor:20170927170923p:plain

ボタンをクリックすると、名前とかメアドを聞かれます。
ここはメールアドレスだけ入力すればOKです。

f:id:malor:20170927170902p:plain

ダウンロードサイズは500MBくらいあります。結構時間がかかるのでゆっくり待ちましょう。
私の環境(Mac)の場合、サイズは466MBで5〜6分ほどかかりました。

あっという間にローカルWordPress環境が作れてしまうFlywheelですが、ダウンロードやバージョンアップにはかなり時間がかかります。

唯一イマイチなところです。

アプリケーションを登録

f:id:malor:20170927112425p:plain

ダウンロードしてきたファイル(local-by-flywheel-x-x-x-mac.zip)を解凍すると 「Local by Flywheel.app」 というファイルが出てくるのでそのままアプリケーションに移動させます。

Local br Flywheel のインストール 〜 WordPressサイトの構築

インストール

Local by Flywheel.appを起動すると、初回起動時はインストール画面が表示されます。

画面下部の LET'S GO! ボタンを押すとインストールがスタート。

f:id:malor:20170927170919p:plain

VirtualBoxがインストールされていない場合は合わせて自動でインストールしてくれます。
この辺り、自分で設定していたりすると意味不明なエラーが出てハマったりするので助かります。というかすっごい楽!

WordPressサイトのセットアップ

インストールが完了したらあとはサイトのセットアップだけです。

画面真ん中の CREATE A NEW SITE をクリック

f:id:malor:20170927170853p:plain

STEP 1 サイト名を入力

What's your site's name? と聞かれるのでサイト名を入力します。
ここに入力したサイト名 + .dev がデフォルトのドメイン名になります。

f:id:malor:20170927170912p:plain

サイト名にハイフンを含めた場合、ドメイン名からは省かれるようです。

ADVANCED OPTIONS を指定するとローカル環境のドメイン名やサイトの格納先パスを細かく設定できます。
必要に応じて設定してください。

f:id:malor:20170927170931p:plain

STEP 2 環境を選択

ここでは

  • PHP のバージョン
  • Web Server
  • MySQLのバージョン

が指定できます。

特にこだわりがなければ Preferred で OK です。
こちらも必要に応じて設定を変更しましょう。

f:id:malor:20170927170906p:plain

STEP 3 環境を選択

最後にWordPressのログインに使用するユーザ名とパスワード、サイトのメールアドレスをしたら完了です。

ADD SITE ボタンを押すと サイトの構築が開始します。
(だいたい30秒〜1分くらいで完了)

f:id:malor:20170927170928p:plain

サイトの確認

構築が完了すると、出来上がったサイトの設定内容が表示されます。

f:id:malor:20170927170934p:plain

右上の VIEW SITE ボタンをクリックすると、出来立てホヤホヤのサイトが確認できます。

f:id:malor:20170928043814p:plain

もう一つの ADMIN ボタンからは サイトのダッシュボードにアクセスできます。
残念ながら初期状態は英語です。

f:id:malor:20170928043820p:plain

まとめ

以上の手順でローカル環境にWordPress環境が構築できちゃいます。

言語を日本語に変更しなければならないのはちょっと面倒ですが、インストールが完了していればローカルサイトの構築がものの2、3分でできてしまいます。

驚くべきスピード!

実際にローカルサイトをパブリックに公開するには一手間が必要ですけど、「ちょこっと試してみたい!」とか「サッとすばやく WordPress サイトを構築したい」というときに非常に役立ちます。

アフィリサイトを量産するのにも使えそうですね!

WordPressサイトの構築は最初は敷居が高いイメージがありますが、このアプリを使えば全然怖くないのでぜひぜひお試しあれ!

f:id:malor:20171003154636j:plain